債務整理の種類

法律事務所の手を借りて債務整理する場合の、4つの方法について詳しく説明します。債務整理は、任意整理、特定調停、個人民事再生、自己破産と別れています。任意整理が最も簡単で、一番手間がかかるのが自己破産です。

任意整理は、債権者との話し合いにより今後の返済の利息をカットし、元本のみの返済にするなどして、月々の支払いの負担を減らしていく方法です。借金がゼロにはなりませんが、任意整理以降の利息がかからなくなるため、大幅な借金の減額に繋がります。

特定調停は任意整理と似た方法ですが、任意整理が裁判所を挟まず、債務者と債権者間のやり取りのみなのに対し、簡易裁判所の仲裁の元に、今後の返済についてや、借金の減額についての取り決めを行います。

個人民事再生は、裁判所に個人民事再生を申し立てる事で、借金の減額を行う方法です。減額後の借金は原則3年で返済する必要があり、減額される金額も債務額や資産によって異なります。
自己破産は、債務整理の中で一番制約が多く、財産などはすべて処分する必要があるなどデメリットも多いですが、裁判所の免責が下りれば、背負っている借金の返済義務がすべてなくなる究極の手段です。

債務整理は、こうした4つの方法の中から一番自分に合ったものを選びますが、なかなか素人ではどれが一番適切か判断するのは難しく、法律事務所などで弁護士による判断が必要になります。

Published by